好きな人がいること

【好きな人がいること】第3話の名場面を大学生が分析!動画視聴方法も!

テレビドラマ 好きな人がいること

Syuto

皆さんこんにちは!久々に焼き肉を食べたら、ホルモンが食べられるようになっていたSyutoというものです。

いやぁビックリした。。。

.

さて今回は、

2016年夏にフジテレビで放送された連続テレビドラマ

好きな人がいること

第3話の魅力を、名場面と共に”男子大学生独自の視点”でお伝えしていけたらなと思います(。-`ω-)

まだ「好きな人がいること」をご覧になっていない方

は、以下の記事で「好きな人がいること」の魅力や視聴方法を紹介していますので、是非そちらからチェックしてみてください(^^)/

Syuto

是非最後まで、記事をご覧ください<(_ _)>

早速行きましょう!!

.

.

第3話の魅力を名場面・名言と共にご紹介!

.

では早速、

ムロツヨシ/
大恋愛

第3話の魅力を、名場面と共にご紹介していきます!

第3話は、

若者にウケる仕様満載の回

だったと思います。

湘南の海&水族館というまさに心躍るシチュエーションでのデートは、キラキラという擬音がぴったり合うものでした。海に反射する太陽光が三浦翔平さん演じる千秋さんの爽やかさとマッチして、男性である僕でさえときめいてしまうほど。千秋の一挙手一投足が、理想の男性像を形成していっていました。

また、映像面での若者感もありました。美咲(桐谷美玲)と千秋のデートシーンにて、スマホでの自撮り映像が採用されていました。親近感のある少し粗い映像に美咲と千秋さんが映ると、美男美女の破壊力が何倍にも増されていました。夏の海や祭りに花を咲かせている若い世代は、キャーキャーものの回だったのではないでしょうか。

意外と扱いにくかった菜々緒の存在感

個人的に意外な発見だったのは、悪役としての菜々緒さんの扱い方の難しさです。菜々緒さんは「好きな人がいること」にて千秋を付き合うためなら何でもする美女役を演じています。表っ面は性格の良い女性を演じ、裏では千秋のために黒いこともやってのけるといった、恋愛ドラマではよくある役柄です。

そんな役を菜々緒さんが演じられているのですが、外部的要因での悪役イメージが強いのか、表面上のいい女感がとても臭く感じてしまいました。圧倒的なスタイルの良さが、逆に悪役の腹黒さを消してしまっているのかもしれません。

これまで数多くの悪役を演じられて、「悪」の部分の表現力はとても高くなっていると思うのですが、「悪」を際立たせる「良」の演技に、個人的には臭さを感じてしまいました。

話が進むにつれ、結局いい女性という形で終わることは間違いなさそうですので、展開と共に菜々緒さんがどう演技を変えられていくのか、注目しながら見ていきたいなと思いました。

.

.

好きな人がいること 動画フル 視聴方法

.

ではここで、

上野樹里/
グッドドクター

好きな人がいること見たくなってきたな…

という方に、動画視聴方法をご紹介いたします!

.

動画視聴方法について、

こう思ってませんか?

・DVDを買わずに視聴する方法は?
・AmazonPrimeやNetflix(ネットフリックス)で見ることはできるの?
・HuluやParavi、FODやTverで見ることはできるの?
・動画配信サービスっていくらするの?お試しプランはあるの?
・配信サービスの登録方法は?
・Pandoraや9tsuで見れるの?

このように思われている方は、以下の記事をご覧ください!

黒木華
/凪のお暇

なるほど!この記事を見れば一発ですね!

.

好きな人がいること 第3話 まとめ

.

最後まで記事をご覧になってくださり、ありがとうございます!

「好きな人がいること」の魅力を名場面と共にご紹介したり、動画視聴方法もご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

第4話や第2話の名場面もご紹介していますので、是非そちらもチェックしてみてくださいね!(^^)/

.

また現在「好きな人がいること」は、配信サービスではFODでの視聴方法のみです。ですので、無料でご覧になりたい方は、是非「FOD」にご登録してみてください!

2週間以内に解約すれば、お金は一切かかりません!!!

FOD プレミアム

・なんと!2週間もの無料お試しキャンペーン!!
・期間内に解約すれば、一切お金はかかりません!実質タダ!!
・FODでしか見ることができない
オリジナル作品を配信中!!
・ここでしか見られないフジテレビ作品が
5000本以上見放題
120誌以上の雑誌も読み放題

フジテレビの作品は、基本的にFODが独占しているので、登録すればフジテレビ作品見放題です!

.

.

登録も簡単!

是非この機会に!!

.

では、また次の回・作品でお会いしましょう!

ほなまた。