この恋あたためますか

交わらない矢印。|【この恋あたためますか】6話 感想ネタバレ!

この恋あたためますか
この恋あたためますか
https://www.tbs.co.jp/

この恋あたためますか 6話 感想 考察

交わらない矢印

恋愛というものは、どうしてこうもぴったりと交わらないのだろう。全てをさらけ出して欲しい一方、どこかかっこつけてしまったり。振り向いてほしい人に限って、全く見向きもされなかったり。そこにはきっと、恋愛におけるエゴが生まれてしまっているのかもしれない。「恋は盲目」という言葉があるが、その盲目さは自分視点ばかりで考えてしまうからなってしまうものなのかもしれない。

この恋あたためますか第6話では、一度は区切りがついた四角関係(新谷(仲野太賀)→樹木(森七菜)はボヤっとした感じではあるが)が再び揺らぎ、樹木と浅羽(中村倫也)の関係に進展が見られた回だった。

「好き」という思いが届かず(浅羽には聞こえなかった)、社長と社員の関係も破綻してしまい浅羽にどう会えばよいか途方に暮れていた樹木。しかし、新谷と向かった浅羽の自宅であっさり再開することに。あまりのナチュラルさに、視聴者も浅羽と再会した時のぽかんとした樹木の顔になったことだろう。

https://www.tbs.co.jp/

その後樹木は、アイドルとして必要とされなくなった過去が浅羽と重なり、動かないとだめだと励まし、ココエブリィで働かせることに。浅羽が予想以上に応えていたのは、自宅での態度やレストランでたまたま鉢合わせた神子(山本耕史)をずっと見ている様子からも明らかであった。

そんな中、ココエブリィの福利厚生が変わり、社員旅行をすることに。始めは全く乗り気ではなかった浅羽であったが、普段見ることの無い景色や会話を通して、新たな発見をしていく。これは浅羽にとっては大きな出来事で、新たなビジネスを思いつくほどに刺激を受けていた。

そんな浅羽や樹木の旅行を知らず、ひたすら連絡を待っていた里保(石橋静河)と、樹木を想い続ける新谷。何でもさらけ出して欲しかった里保は、自分の前でなく樹木の前で自然な表情を見せることに落胆する。これは、復縁の際「ワガママな彼女になる」と告げた自分の覚悟と相まってのことだろう。

対して新谷も、樹木の前ではどうしてもかっこつけてしまい、自分の本当の気持ちを出せずにいることに苛立ちを覚えることも。樹木が浅羽に想いがあることが分かっていながらも、「俺を見て欲しい」と言い切れずにいる現状に歯がゆさを感じずにはいられない。

https://www.tbs.co.jp/

そしてラスト。樹木が駐車場で発した「好き」という言葉が、浅羽の耳に届いていたことを告げた。この時、助手席に樹木が乗っていたことも、花火を一緒にしたことも、樹木が可愛いと言っていたスノードームをプレゼントしたことも、全てに意味が含まれた。

一体浅羽は、樹木に対してどういった感情を抱いているのか。クールな表情をいつも並べているが故に推察が出来ないその想いが、早く知りたくてたまらないところだ。

しかし、卓球に浴衣に花火、スノードームにイルミネーションに、甘酸っぱい恋愛要素がたんもり積まれていた回だった。これらすべてを色づけるSEKAI NO OWARIの「silent」は、冬の定番曲になることだろう。

.

.

→「この恋あたためますか」にパクリ疑惑?

→「この恋あたためますか」登場人物ランキング!1位は?