ネタバレ

ハッキリしない感情。|【姉ちゃんの恋人】5話 感想ネタバレ!

姉ちゃんの恋人

↓クリックして投票して頂けると嬉しいです!!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

姉ちゃんの恋人 5話 感想 考察

ハッキリしない感情

相手が何を考えているかなんて、誰にもわからない。長い付き合いである程度相手の思考が読めるときもあるが、10回中10回当たるかと言えばそうではない。予測と相手が起こす行動による回答の繰り返しで、段々と相手の気持ちが分かってくる。だが、それにも限度がある。その中で、どれだけ相手をわかろうとするか。ハッキリとしない感情が芽生えてしまう。

姉恋第5話は、登場人物それぞれのハッキリしない感情がひしめく回であった。自分のことを好いてくれているのではないかと感じながらも、これが杞憂に終わっていたらどうしようと悩む桃子(有村架純)。自分は桃子の様に素晴らしい人にふさわしくないと思いながらも、楽しかった思い出から自分の過去を言い出せない真人(林遣都)。

菊雄(光石研)やみゆき(奈緒)もそうだ。別れて欲しいわけではない。真人が凄く好きだし、いい人だということもわかっている。しかし、姪の桃子の相手となると素直に受け止めきれない菊雄。何が正解なのかわからなくなってしまい、自分1人では抱えきれなくなっていた。

みゆきは、親友の桃子に弟の和輝(髙橋海人)と”恋人を前提とした仲良し”になったことを一番に伝えたかったはず。しかし、桃子がどう思うか不安を感じ、又タイミングが悪く言い出せなかった。

姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

物語が中盤に差し掛かってきたあたりから、ねえちゃんの恋人の真骨頂が出てきたように感じる。何故なら、一貫して表現してきた”些細な日常”での人物描写によって、キャラクターの一挙手一投足に多くの意味合いが含まれてきたからだ。だからこそ、第5話の様にハッキリとしない感情に視聴者がのめり込めたのだ。

桃子がコンビニの傍らでみゆきに発した言葉がそれを象徴していた。「私の思い上がりなのかな。自分で好きなのが分かるとか言っちゃって、外れなのかな。違うのかな。単に、好きなわけじゃないから困ってるのかな。だったら最悪だな。やらかしちゃったのかな。嫌だなぁ。」と悩む桃子。

真人がどのように過去と向き合っているのか。桃子がどういった態度で周りの人達と付き合っているのか。それぞれの細かい人物描写によって成立するセリフだと感じる。そうでないと、この言葉は単に前振りでしかなく結局付き合うでしょという感じでふわっとしてしまう。

このセリフを聞いた時に頭に思い浮かんだのは、真人の目であった。何かを諦めてしまったような目つき。ダブルデートで見せた、心から楽しんでいる時の目。楽しいと思いながらも、楽しんではいけないとどこかでブレーキをかけている目。たくさんの”目”が頭の中で交差した。

これは紛れもなく林遣都さんの実力によるものだろう。重さだけでなく、少年らしい青さも兼ね備えているからこそ出せる微細な感情表現。物語が進むにつれ、その威力はグングン増していくだろう。桃子と真人の恋の行方はいかに。

.

.

→「姉ちゃんの恋人」の原作について

→「姉ちゃんの恋人」の登場人物ランキング

→各話あらすじ/ネタバレ

「姉ちゃんの恋人」はFODにて視聴することが出来ます!!2週間無料のお試しキャンペーンがありますので、この機会に是非お試しになってみてください!

→2週間であれば完全無料。FODを超お得に使う方法は?

結構おススメです。

最後までコラムを読んで下さり、ありがとうございます(^O^)【DraManet】で取り上げている様々なドラマは、こちらのサイトから見ることが出来ます!!( ゚Д゚)是非1度、無料体験してみてはいかがでしょうか?結構便利っすよ。

ドラマコラムでした!