ネタバレ

様々な愛情の形。|【姉ちゃんの恋人】4話 感想ネタバレ!

姉ちゃんの恋人

↓クリックして投票して頂けると嬉しいです!!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

姉ちゃんの恋人 4話 感想 考察

様々な愛情の形

世の中には、それぞれの形の愛情がある。1から10まで付きっ切りで世話をするという愛情。遠くから見守りながら、放任で子育てをするという愛情。常に相手に好きと伝えることで表現する愛情。お互い深いところで通じ合っているからこそ、普段は口にして伝えることの無い愛情。関係性によって、それぞれ形を変えるのが愛情だ。

姉恋第4話は、桃子(有村架純)一家の家族愛がより色濃く映し出されたり、悟志(藤木直人)と日南子(小池栄子)、みゆき(奈緒)と和輝(髙橋海人)の関係に進展が見られたり、桃子が真人(林遣都)に告白をしたりと、愛情が深く行きかい始めた回だった。

姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

ねえちゃんの恋人を見ていると、愛情にも色々な形があるのだと強く感じる。弟達に一杯の愛情を注ぎながらも、真人には思ったような感情表現が出来ない桃子。お互い口下手だけど理解しあっていて、確かな愛情がそこにはあるが時にむずがゆい真人とお母さん。

思ったことはストレートに、でも恥ずかしさも感じている日南子。幼少期より愛情を注がれてこなかったと感じ、自分を好いてくれる人が良いと語る悟志。”誰かを想う”ということにも、これほどの形があるのかと実感した。

このように感じる大きな理由は、姉恋独特のスローすぎる恋の発展だと思われる。これまでのコラムでも述べたように、姉ちゃんの恋人の大きな特徴として「些細な日常を自然な温度で切り取っている」ことが挙げられる。

第4話では、ダブルデートに関するLINEのやり取りや日南子が車のミラーで格好の確認したり。BBQの買い出しでの生ちくわや桃子家のお金のやりくりの場面であったり。多くのシーンにおいてたわいのない日常を時間をかけて切り取っている。

だからこそ、登場人物の心情に繊細さが浸透し、ゆっくりとキャラ立ちした恋模様が浮かび上がってくるのだろう。真人の過去が明かされ、今後桃子がそれを知っていく中でどのように進展していくのか。果たして「姉ちゃんの恋人」になるのは誰なのか。

.

.

→「姉ちゃんの恋人」の原作について

→「姉ちゃんの恋人」の登場人物ランキング

→各話あらすじ/ネタバレ

「姉ちゃんの恋人」はFODにて視聴することが出来ます!!2週間無料のお試しキャンペーンがありますので、この機会に是非お試しになってみてください!

FOD プレミアム

・なんと!2週間もの無料お試しキャンペーン!!
・期間内に解約すれば、一切お金はかかりません!実質タダ!!
・FODでしか見ることができない
オリジナル作品を配信中!!
・ここでしか見られないフジテレビ作品が
5000本以上見放題
120誌以上の雑誌も読み放題

独占見放題作品も豊富!!

・リッチマン、プアウーマン / アンサング・シンデレラ
・コンフィデンスマンJP / のだめカンタービレ
・好きな人がいること / 私が恋愛できない理由
・恋仲 / いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
・ラジエーションハウス / 最高の離婚
・グッド・ドクター / HERO
・踊る大捜査線 / 白い巨塔
・結婚できない男 / ガリレオ etc.

.

結構おススメです。

最後までコラムを読んで下さり、ありがとうございます(^O^)【DraManet】で取り上げている様々なドラマは、こちらのサイトから見ることが出来ます!!( ゚Д゚)是非1度、無料体験してみてはいかがでしょうか?結構便利っすよ。

ドラマコラムでした!