ネタバレ

微笑ましい日常で増す罪の重み|【姉ちゃんの恋人】3話 感想ネタバレ!

姉ちゃんの恋人
姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

姉ちゃんの恋人 3話 感想 考察

微笑ましい日常で増す罪の重み

人は不器用なもので、自分の容量を超えた幸せを感じると嫌なことが起こるのではないかと思ってしまう。こんなに幸せになっていいのかと。何か物を亡くしたり怪我をして、幸福が相殺されるのではないか。そんなことをふと考えてしまう。

姉恋第3話は、桃子(有村架純)や日南子(小池栄子)、和輝(髙橋海人)ら三者三様の恋模様が動き出し日常が煌びやかになった一方、真人(林遣都)の過去に犯した罪や、悟志(藤木直人)がたまに会社を休むなど不穏な空気も感じ取られた回だった。恋愛という「明」の部分が暖かく穏やかであるが故、わずかでもちらつく「暗」の部分が際立つという、まさにリアルな世界がそこにはあった。

姉ちゃんの恋人
https://www.ktv.jp/

日常を切り取るというコンセプトもある姉恋では、今回も独特な親近感があった。特に、コンビニ横のベンチで桃子がみゆき(奈緒)に恋愛話をする場面。桃子の真人に対する恋の悩みが妙に身近に感じられた。桃子が別れ際の真人の「また」の一言で感じた”人を寄せ付けない”空気。それを感じた桃子は「でも、うぬぼれかもしれないけど、そういうのはわかるじゃん?私のこと嫌いじゃないはずっていうのは、わかるじゃん?」と口にし「なんだかなぁ…」tため息をついた。

このセリフは個人的に凄く印象に残った。何故なら、これまであまたと見てきた恋愛ドラマの中でもあまり見受けられないくらい些細な恋の悩みを切り取っていたからだ。恋愛に発展する前の前の前くらいのうぶい感情を、ある程度キャラクターが出来上がってきた第3話で描くのは珍しいと思ったからだ。

第2話のコラムでも述べたように、恋愛ドラマではあるが”人として”という大きな軸から逸れることはないだろう。些細な事の積み重ねが、人と繋がるということなのではないだろうか。だからこそ、一度起こしてしまった罪を償うには、途方もない時間を費やしてしまうのかもしれない。

第4話では、ダブルデートが決行されると同時に真人の過去が明らかになるかもしれない。クリスマスに関係する出来事なのか、はたまた桃子の辛い過去と結びついてしまうのか。次回が待ちきれない。

「姉ちゃんの恋人」はFODにて視聴することが出来ます!!2週間無料のお試しキャンペーンがありますので、この機会に是非お試しになってみてください!

FOD プレミアム

・なんと!2週間もの無料お試しキャンペーン!!
・期間内に解約すれば、一切お金はかかりません!実質タダ!!
・FODでしか見ることができない
オリジナル作品を配信中!!
・ここでしか見られないフジテレビ作品が
5000本以上見放題
120誌以上の雑誌も読み放題

独占見放題作品も豊富!!

・リッチマン、プアウーマン / アンサング・シンデレラ
・コンフィデンスマンJP / のだめカンタービレ
・好きな人がいること / 私が恋愛できない理由
・恋仲 / いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
・ラジエーションハウス / 最高の離婚
・グッド・ドクター / HERO
・踊る大捜査線 / 白い巨塔
・結婚できない男 / ガリレオ etc.

.

.

.

↑「姉ちゃんの恋人」の原作について↑

姉ちゃんの恋人

↑「姉ちゃんの恋人」の登場人物ランキング↑

↑各話あらすじ/ネタバレ↑