スカーレット

『スカーレットの脚本家、クレヨンしんちゃん好き説』を唱えたい第14話

スカーレット#14

皆さんこんにちは!生まれてこの方、一度もインフルエンザにかかっていないので
かかったら確実に死ぬSyutoというものです。

ほんと、38度の熱すら出したことがないので、受験期なんかは本当にびくびくしながら外に出てましたね。。

まぁ健康体!っていえばそれまでなんですがね( 一一)

さ、今回はスカーレット第14話の感想文ですー

 早速行きましょ!と、その前にいつものことですが、前回の記事をまだ見ていないという方がいらっしゃいましたら、まずはそちらから。

ほないこか。

.

・第14話の感想文

.

今回の感想は、、正直言ったところ朝からは少し重い内容でしたね。。。

ここにお皿が3枚ある。
この1枚は家族のために磨きます。
(画像は男の人ですが、実際はおばちゃんです。怖いおっちゃんに見えてしまったのでつい。)

この1枚は、仕事やから磨きます。
最後の1枚は、家族や仕事や関係なしに一生懸命心込めて磨きます。

さ!どのお皿が綺麗になるでしょうか??

.

皆さんはどう思いましたか?

僕個人としては、2枚目の仕事や思って磨く時が1番綺麗になるかなと。
理由は特にないですが、しいていうなら今学生の僕はバイトでヒーヒー言っているからです。

そんなことを考えていたら、おっちゃん、いやいや、おばちゃんはまさかの答えを投げてきましたね。

どれも同じや。アホ。
(アホは個人的に付け足しました。)

この言葉を聞いたときに、

あ、あの上司や。

と、皆さんの中にも誰か当てはまる人がいたのではないでしょうか?

僕は学生なんで、まだ2人しかいませんでした。

 まぁこの見事な返球の後のおばちゃんの話は確かにな、と思うような事でしたが
正直喜美子ちゃんに同情する気持ちしかありませんでしたね。僕もまだ若いんですかね(-ω-)/

朝、僕と一緒に見ていた友達のお父さんは

なんか悲しいなぁ。。

と思わずポツリ。

分かります。お父さん。。でもお父さん、僕は朝ドラに目覚めてしまいました。

そう心の中で言った僕は、ゆっくりと『ご馳走様でした。』といって食器を片付けにに行きましたとさ。

.

ではここで、個人的名シーンを少しだけ。

・喜美子が新聞記者の人に謝罪をした際の去り際の笑顔

あれはどっちなんですかね?

元気なわけないやぁん。。。

と喜美子が思わず本音を漏らしてしまった時の新聞記者のあの笑顔。

あれはどっちだったんだろう。。。

①こいつ、おもろいやつやな(/・ω・)/
②いや、、、wあっそ。。

どっちなんですかね?個人的には前者だと思っているのですが。

.

・お父ちゃんの手ぬぐいの臭さはクレヨンしんちゃんのお父さんの臭さと同じ説

.

僕は朝ドラ初体験中なのですが、朝ドラってこんなに毎回感動シーンがあるものなんですか?

 僕は毎朝のティッシュの消費がひどくて、もう親からわら半紙みたいな硬さのティッシュしか買えないよといわれています。

 喜美子のお父さんの手ぬぐいのくだりはもう泣けましたね。僕は感動したのと同時に、

スカーレットを脚本した方は絶対、
『映画クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』見ただろうな。

と思いました。僕にある程度行動力が付いたら、聞きに行きたいと思います。期待していてください。

・次回の考察

.

次回の気になる点といえば

喜美子は信楽に帰るのか!?

ということですよね。

まぁここはやっぱり半年という長いスパンなので、信楽には帰らないのではないでしょうかね?

でももし喜美子が信楽に帰ったら。。。

信作が見れるやないかい!!!!(; ・`д・´)

ってことで、やっぱり信楽に帰ってほしいです。

てなことで、次回は

・喜美子は大阪に残る!!
・新聞記者は喜美子をかばう!!よっ!!新聞記者!!
・おばちゃんはまだ尖ったまんま。

こんなとこでどうでしょうかね。

ほなまた。